最適な睡眠時間は??

健康に支障をきたさない睡眠時間は6時間30分から8時間未満であるとアメリカで100万人以上の調査(Kripke, D.F., Arch Gen Psy-chiatry, 2002)で明らかになっています。日本でも10万人以上の調査により最適な睡眠時間は7時間であると言われています。この時間は日中活動をしている覚醒中に過度な眠気に襲われない状態を保つために必要とされる7~9時間と合致します。子供の睡眠時間は成人と比較して多い時間が必要とされ、3~5歳は11~13時間、6~12歳で10~11時間、11~17歳で8.5時間~9.25時間とされています。

睡眠時間が短くなると…

睡眠時間と死亡率との関係も研究(30歳~69歳の女性2,491名、男性2,222名を対象)され、睡眠時間が7~8時間と6時間未満を比べると、調査(Win-gard, D. L., Sleep, 1983)から9年後の死亡率は1.7倍と調査報告がる。その為、睡眠は質だけでなく睡眠時間も重要な要素となります。

睡眠は日中の活動の原点

毎日忙しく生活されると、真っ先に削るのが睡眠時間となる方も多いと思います。しかし、健康を保つためにも睡眠はある意味「重要な活動」と言えます。意図して睡眠時間を確保すると覚醒中の頭も冴えて、結果的に効率の良い活動につながります。睡眠時間確保のために、今日からできることをひとつずつ実践されてみてはいかがでしょうか?