睡眠の役割を敢えて挙げるとすれば、それは「脳を休める」ことになります。人間の脳は他の動物と比べて極度に発達しているため、睡眠は効果的に脳を休ませるための手段となります。
睡眠不足が常態化すると、脳のパフォーマンスが下がり、結果、活動中に支障をきたしてしまいます。
またホルモンのバランスも睡眠不足の影響を受けて乱れにつながります。ホルモンバランスが乱れると、実は肥満の原因になることご存知でしょうか?
肥満の原因は過食と運動不足と思われがちなのですが、睡眠も影響しているのでご用心を。

ホルモンと食欲

食欲は、ホルモンの働きによって増進したり抑制したりされているということをご存知でしょうか。

グレリン(食欲増進) 胃から分泌されるホルモンで、空腹で体内のエネルギーが不足すると分泌されます。分泌されると、脳の視床下部にある食欲中枢を刺激し食欲が増します。
レプチン(食欲抑制) 脂肪細胞から分泌されるホルモンで、食事をしたあと分泌されます。脳の視床下部にある満腹中枢が刺激され、満腹感を感じるようになります。

食事の量をコントロールしたい時のポイントは食事にかける時間になります。その理由は食欲を抑えるホルモン「レプチン」が多く分泌され始めるのは食後20分を経過してからと言われています。
食事はゆっくり、よく噛んで食べる方がよいと言われるのはレプチンが分泌される時間によるものです。20分以上かけて食事をすれば、満腹中枢をレプチンが刺激し、適量で満腹感を感じるようになります。

睡眠不足とグレリン・レプチンの関係

睡眠不足が続くと、グレリンの分泌量は増え、レプチンの分泌量が減るため、食事の量が増えていきます。加えて、レプチンにはカロリーを消費する「代謝」を促す働きがあるのですが、分泌量が減っているため、代謝の量も減ってしまいます。
更に睡眠不足に陥るとグレリン・レプチン以外のホルモンにも影響が。。。それはセロトニンと呼ばれる神経伝達物質です。
セロトニンが不足すると、その影響で向上心が低下すると症状もみられます。そうなると活動量も減り、睡眠不足が起因する負のスパイラルに陥ってしまっているかもしれません。
そうなる前に、毎日の睡眠はなるべく計画的。少し疲れが溜まった時などは、無理をせずに早めに就寝するなど、身体の状態に合わせて睡眠とうまく向き合うようにしてください。